ひな人形の並べ方

ひな人形の並べ方

ひな人形の並べ方を紹介します。たのしいひな祭りを過ごしてくださいね。

スポンサード リンク
情報配信サイト > ひな人形の並べ方

ひな人形の並べ方

並べ方は箱が出てきた順にといったこともあるのではないでしょうか。
段飾りであれば骨組みをつくり、上の段から順に並べていくようにします。

お内裏様とお雛様については関東ではお内裏様が向かって左になるのですが、
京都では向かって右という並べ方になっています。

公家の社会を表現しているものですから、当時の文化を伝える御膳や牛車などもあります。

吉徳のひな人形

吉徳は300年の歴史を持ち、全国各地に拠点を置いています。

吉徳ではさまざまな日本人形を手がけていて、
ひな人形だけでもいくつものシリーズ商品があります。

慈愛の心をテーマとした『能楽鶴亀雛』、伝統的な美しさに現代的なセンスを織り交ぜ和洋の要素を調和させた『春彩シリーズ』、
徳川家にちなんだ『江都みやび姫君雛』など、それぞれコンセプトにもとづいて上質に仕上げられています。

京都のひな人形

ひな人形を作っている人形店は、やはり歴史のある京都の街に多くあります。
その中で安藤人形店は、人形業界においてはじめて『還暦雛』を作り上げました。

明治時代からの歴史を持っている人形店であり、京都の名店としてさまざまな賞も受賞しています。

2007年には、タイのプミポン国王に献上したことでも話題になりました。

ひな人形の並べ方 トップへ戻る