ひな人形を出す時期

ひな人形を出す時期

ひな人形を出す時期って意外と知らないものです。最低でも、ひな祭りの1週間前には出しておきたいものですね。

スポンサード リンク
情報配信サイト > ひな人形を出す時期

ひな人形の出す時期

ひな人形を出す時期については、立春である2月4日から中旬にかけてが良いとされています。
節分が終わったら頃合いであるということです。

遅くなったとしても、ひな祭りの1週間前までには出しておくようにします。

出す時期はあまり明確に知られていないところもあるものですが、
地域によっては慣習としてきまりがある場合もあります。

ひな人形の木目込みとは?

ひな人形で木目込みのものは『きめこみ』といい、
木でできている胴体に溝を彫って、布の端を埋め込むことで衣装を着せています。

そのルーツは江戸時代中期にあり、京都の上賀茂神社で作られました。
木目込みの人形はサイズが小さい場合が多く、スペースをとらないことが特徴です。

また、衣装が一体になっているため形が崩れにくくなっていて、長く品質が保たれます。

ミッキーのひな人形

ミッキーマウスとミニーマウスがお内裏様、お雛様になっているものは人気です。

近年住宅事情などの関係で人気を増しているコンパクト収納タイプのひな人形が多くなっています。

子どもから大人まで人気のミッキーですから、『自分用』のものとして購入している方も少なくなく、
ディズニーが好きな方への贈り物としても選ばれています。

ひな人形を出す時期 トップへ戻る