早漏の原因

早漏の原因となる2大要素

 

早漏の原因は大きく分けて『身体的要因』と『心理的要因』があります。

 

 

『身体的要因』

 

1.刺激に過敏反応

 

これはペニスの神経が過敏なために、通常の人よりも興奮しやすく、
射精しやすくなってしまうといったものです。

 

 

ちょっとした刺激でも強い刺激に変わってしまうため、
射精タイミングが早まってしまうのです。

 

 

2.括約筋の低下

 

「括約筋」というのは射精に関わる筋肉で、
役割としては射精タンクの開閉を行うといったイメージです。

 

 

括約筋は年齢と共に衰えていき、緩んでしまうために
早く射精してしまうといったものです。

 

 

主に高齢の方に見られる原因ともいえます。

 

 

3.仮性包茎

 

包茎とは、いつも亀頭が皮で覆われている状態のことをいいますが、
亀頭に皮が覆われていると挿入時に刺激がより強く感じてしまいます。

 

 

そのため、「1.刺激に過敏反応」と同様に射精タイミングが早まってしまいます。

 

 

 

『心理的要因』

 

1.トラウマ

 

一度の早漏体験を引きずり、悩んで気にしすぎることにより
早漏が悪化するというものです。

 

 

早漏の原因には、この心理的要因が大きく関わっていることも多く、
このようなトラウマを早めに自覚することが大切です。